Link-Aに新しい広告登場!!

最近の情報として、電子コミックサイトの「コミなび」が各ASPでまた広告の配信停止連絡が回っていますね。

DMMもR18作品のみ「FANZA電子書籍」に名称が変わったり、ハンディーコミックは、Bookliveコミックに名称変更したりと、今年は何かと変化の多い年です。

 

わたしがよく使用している電子コミックサイトで「まんが王国」があるのですが、この「まんが王国」の広告を出している唯一のASPがLink-Aさんです。

そして、最近新しい広告が追加されました。

 

 

この案件は2,3年前まではあったのですが急に無くなり、最近復活しました。

まんが王国は、一般漫画と大人向け漫画を明確に分けて広告を貼り付けないと否認されて成約されないので、今まで「まんが王国」案件は一般コミック狙いの広告しか貼り付けられませんでした。

※個別タイトル広告はありますが、最近新規タイトルが配信されていない!!

 

まんが王国は、テレビCMで放送されていたりと電子コミックサイトの中でも知名度があるサイトですので、一般漫画案件で狙っても十分成約出来るサイトです。

わたしはグロイ系が大好きでそればかり狙っていますが、オトナ向け案件の広告単価も2550円と高い(以前は2000円だったような・・)ので、これを期にいろいろ記事を書く予定です。

先程、まんが王国はテレビCMが放送されていて知名度が高いと書きましたが、もう一つ特徴として「じっくり試し読み」があります。

じっくり試し読みは「他の電子コミックサイトの試し読みより多く読める」という利点があり、また「美醜の大地」という人気タイトルを先行配信していたりと、他の電子コミックサイトにない特徴があります。

この特徴をサイト訪問者に上手く伝えることで成約されやすくなるので、もしあなたが現在紹介している電子サイトの成約率が悪い場合は、これを期にLink-Aまんが王国案件を狙ってみては如何でしょうか?

まんが王国の週間、月間ランキングは、紹介記事を書く上でかなり役に立ちます。

言い換えるとランキングに無い漫画タイトルの記事を書いても成約されない!と言っても良いどランキングは漫画記事を書く上で大切な情報ですので、必ずチェックすることをおすすめします!!

毎日ね。(*^_^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です