漫画アフィリブログの内容を久しぶりに書き直ししています。

このブログを開始したのが2年以上前ですので、情報が少し古くなっている記事は少しずつ書き直しています。

特にレッスン1から7ぐらいまでは結構書き直し、内容も濃厚になっていますので時間がある時に是非読み返してくださいね。

 

この3,4ヶ月で変化が大きかった事と言えば、ASPの電子コミックの広告案件です。

漫画村などの違法サイトの影響で、コミなびやBookLiveコミックなどの広告案件がなくなり、漫画アフィリをしている人に取っては、かなり収益面では痛い結果になったと思います。

その後、コミなびやBookLiveコミックの広告も一部のASPで復帰したこともありますので、ASPがどの電子コミックサイトの広告を取り扱っているのか改めて整理しました。

⇒ この電子コミックのASP広告は?お薦めのASPを5つ紹介します。

 

6ヶ月のテストを繰り返し分かったこと

現在わたしは、7つのサイトを使用してひたすらテストを繰り返しています。

2週間毎に誘導文、広告の貼り方、釦の色などを変更しながら、成約が上がるサイト作りについて研究しています。

 

その中で分かってきたことは・・・

出来るだけ分散させずに自分の狙っている電子コミックサイトの広告を使用すること。

また読者も気が付いていない要望をうまく具体化して、その情報を惜しみなく与えてあげることの大切さを知りました。

 

漫画本は、紙本で買わないと中古で売れないし電子コミックで購入するのは損と感じている人には、紙よりスマホ画面のほうが綺麗、発売日に出かけること無くボタン一つで最新刊が購入出来る。

部屋の本棚が綺麗になるなど、ベネフィットを沢山提案してみたり

 

また、電子コミックでのスマホ料金払いが不安な人には、安心を与える記事を入れることなど、単なる感想ネタバレ記事だけでは成約を獲得するのは難しくなって来ていますので、そういった工夫も大変必要になっています。

 

何が正解だと言うものも無く、裏技や法則もありません。

ただ、自分がターゲットとしている人向けに有意義な情報を与える(それも圧倒的に!)、根気よく記事を丁寧に書いていく!

これが、やはり報酬につながる方法です。

 

SEOの知識など要りません。Googleなどの検索エンジンが上位に持ってきたいのは、訪問者にとって価値を提供できるサイトだけです。

余計な事を減らして純粋に記事作成に集中する環境りましょう!

きっと、良い結果が出るはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です