BookLive!の全広告タイトル停止が来ていますね。

理由は、著作権違法サイトに「BookLive!コミック」及び「電子書籍ストア BookLive!」の広告が載っていたと言うことで、「各集客手法の精査を行う必要」があり全体タイトル停止になっているようです。

 

正しく漫画アフィリエイトをしている私達にとっては「またかぁ・・・・」とちょっと落ち込む話題ですが、著作権違法サイトは恐らく「漫画村」の事ですね。

「漫画村」はもうサイトが閲覧できなくなる(運用停止)とニュースもあり今後は電子コミックサイトにお客さんが戻ってくる事が予想されますが、他の海賊版のサイトが今後も出てくる可能性も大きいです。

4月よりLink-aさんのBookLive!コミックの制約条件が、自動承認から手動承認になったので何かあるとは思っていましたが、配信停止までになるとは思いませんでした。

 

ASPと電子コミック広告!どれを選ぶ?

ただ、今までも全タイトル広告停止というのは結構おおくて、今回のBookLive!については少し期間が立てば再開する可能性もあります。(私の推測です)

今回は他の著作権違法サイトが要因であり、直接ASP側の問題ではないこと(Link-a、Moobeの同時停止)BookLive!さんの広告媒体がサイト広告に限定されていること(他にあればすいません)から、現在は電子コミックサイトの会員争奪戦の中なので広告手段がなければどんどん衰退していきます。

アドセンス広告やテレビCMその他広告媒体が無ければアフィリエイト広告頼りになるので、継続して広告を出すと思うのですが、その際ASP会社は絞るかもしれません。(コミなびのパターンもありますし)

 

私の記憶の中ではebookjapnも過去によく全面停止やっていましたし、BookLive!コミック(ハンディーコミック)もコミなびも1年間のウチ1,2回は全面停止があり数週間で全タイトル復帰があった記憶があります。

 

私的に相性が悪いのはコミックシーモアで、頻繁に突然全タイトルを中止して数ヶ月音沙汰なし、その後シーモアさんが狙っているタイトルだけ復活という、恐らく数値が悪くなれば広告をASPに依頼しある数値になれば切るという、何ともアフィリエイターに相手されなくなる方法を取り続けています。

 

一番安定して収益が出て、広告の停止もないのが「まんが王国」です。

まんが王国ですが、最近はテレビCMも盛んなので、サイト広告はもしかして・・・と思っていますが3,4間ずっと停止すること無く広告を出してくれています。

という事は、一度まんが王国に該当する漫画の感想記事を書けば数年ずっと広告を差し替えること無く放置で稼ぎ続けることが出来ます。

わたしのサイトの中でも「まんが王国」が一番安定して収益を上げてくれているような気がしますね。

 

ただでさえ、短期のサイクルで記事を書き続ける必要がある漫画アフィリで、広告全タイトル停止対応するため、全ての広告を張り替える作業が非常に大変で、副業でサイトを運営している人にとっては継続不可に値する事件です。

 

そんなわたしも、今週にBookLive!の漫画記事を1万3千円ほどの外注費を支払い記事を集めていたので、このままでは記事を掲載しても広告収入に繋がらず辛い状況です。

 

こんな事が最近よくおこるので、それならばASPはLink-aさんのみに絞り電子コミックサイトも「まんが王国」の広告案件だけに絞ったサイトを作ったほうが確実に稼げるようにも感じます。

実際に1サイト運営していますが継続して収入がありますしね。

 

今が漫画アフィリエイトの正念場です。

こう言った事件も経験値としてがんばって継続していきましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です