漫画アフェリエイト入門 クラウドワークス外注化のコツと裏ワザ!!

今回は、外注依頼についてです。

ここ1年は自分で記事を書くことはありません。それは、記事を外注化していているからです。

現在は記事作成の依頼や、書いて頂いた記事をブログに投稿する作業、新しい案件の検討に、時間を使うことが出来ます。

 

外注化は、稼いでいる人だけでは無く、まだ稼いでいない人も是非活用し、収益を拡大させるのに必須ですので是非挑戦してみてくださいね。

世界が広がります。(*^^*)

 

①クラウドワークスを使用して記事量産

外注サービスクラウドワークスは、多くの外注さんがいて、特に漫画記事案件の依頼は人気で、スグにライターが見つかります。

 

②初めての依頼時にわたしがしたこと

依頼する(仕事をお願いする)立場ですが、実際他の人がどの様に依頼しているのか他の人の依頼内容をいつも見ています。

そうすると、自分がお願いしたいと思っている内容と同じような内容のものが出てくる場合は、ほとんどを参考する事が出来ます。

また、お金をかけてまで仕事をする内容なので、アクセスが集まるようなネタが無いか他の人の仕事内容を見て参考にしています。

 

③依頼方法が、プロジェクト形式、タスク形式があります。

プロジェクト形式
例えば、私でしたら「漫画の感想記事を書いてくれる人募集!!」と書き、あと料金や文字数など簡単な条件を書きその募集要項をみて、連絡をくれる人が出てくるまで、待ちます。

私の場合は、1記事800文字以上、150円~200円でお願いしています。
(誰でも書ける記事は150円、それ以外は200円にしています)

 

タスク形式
一人一人の契約ではなく、みんなにこんな内容を書いてと依頼する形式です。
最近書いた内容として、

「グロイ漫画の感想を、下記のフォームに沿ってお願いします。」
1件80円 50件募集

こんな感じで書くと、プロジェクト形式とは比較にならないほど文書が集まります。
記事の質は、かなり悪いものも含まれますが・・・。

 

④外注依頼時のコツ

最初は、タイトルに、初心者歓迎、主婦歓迎、などを書くと、初めての人でも気軽に仕事を請けて(募集に反応)くれます。

募集人数を増やしたい時に良く使います。

 

タスクで簡単な質問(例えば、好きな歌手とその魅力を教えてください)を、1件60円 50件で出します。

50件=50人の方が、書き込んでくれるので、その中で文章が綺麗な方や、文字数200文字以上の募集に対して非常に多く書いて頂いたかたプロフィールをみてよさそうな方に、違う仕事を依頼します。

 

言い方は悪いですが、タスクの記事募集はエサです^^;

タスクでテストをして良い人を見つけます。

 

しかし・・・

 

やはり・・・いろいろな人がいます。

基本、人にも依りますが全て納品された記事は「承認」しています。

本当は、記事の質も悪く依頼した内容も全然理解していない記事を納品してくる場合がありますが、そんな時も「否認」にせず「承認」をしています。

 

本当に今後見込みがあり記事を書いて頂きたい人には、承認後に今後の注意点としてやり取りを進めますが

それ以外の人は「否認」して改善点や、やり直しを求めたり、その内容で文句を言われたりとのやり取りの時間が非常にもったいないので

ここは依頼費用80円~1000円は捨てることになりますが、記事依頼の内容も正しく理解して作業してくれない人とは、それきりの関係で今後仕事を依頼しません。

 

⑤外注者の可能性

初めはこちらの要望する記事をお願いする為に契約しますが、依頼した記事もひと段落した時にでも

「何か趣味とか、使用し続けている薬品や健康食品、この内容なら100記事書ける?」

と言うような質問してみます。

 

すると、結構質問に答えてくれる人も多く、その内容より特化ブログの作成のヒントになります。

実際に、その形で質問して記事を100記事お願いする人も多いです。

 

100記事もあれば、一つのブログが完成しちゃいますね。

(収益が出るようになるかは内容次第ですが^^)

 

⑤最後に

もし、外注をしようか迷っているなら、是非1回チャレンジしてみて下さい。

初めは思うように記事を書いてくれない場合もありますが、向こうもこちらもお互いに始めまして同士です。

仕事を与えるという立場ではなく、記事作成を協力しくれてありがとうの立場で接すると、良い関係ができます。

 

収益拡大する為には、外注は必須ですので、1回のランチ、飲み会分を投資してみるのも面白いです。

 

16 COMMENTS

ゆうき

漫画アフィリエイトについて調べていたらこちらにたどり着きました。
とても参考になりありがとうございます。

外注のことで1つお聞きしたいのですが、外注さんに読んだ感想などを執筆して頂く場合、そのコミックを読むにはどうするのが一番いいのでしょうか?

無料立ち読みだと全部は読めないのでそういったときはどうすればいいかのかと思いまして…教えていただけたら嬉しいです><

返信する
kiki

ブログお褒め頂きありがとうございます。(*^^*)

過去にまんが王国のランキング1位から100位漫画の無料試し読みだけを読んで、全ての漫画タイトルに対して記事を作成し、大きく稼いだ人がいると聞いたことがあります。

無料の試し読みだけの内容でしたらやはり内容が薄くなるので、一緒に電子コミックの良いところなども絡めてアフィリ案件に誘導するのも良いと思います。
また、「無料試し読みの段階で、めちゃくちゃ面白そうですよね」など、ご意見や感想を中心にするのもありだと思います。

参考までに私の場合ですが、良い記事を書いてくれる外注さんを見つけましたら、その人には漫画本の費用も支払って、狙った漫画を効率よく書いていただくようにしています。

ご質問の内容に対して上手くお答え出来ているか不安ですが、また何かありましたらコメント宜しくお願いします。(*^_^*)

返信する
ゆうき

お返事頂きありがとうございます!

とても参考になりました!(^^)!
毎日こちらのブログを見て色々勉強しながら実践していきたいと思います(#^^#)

返信する
ゆうき

こんにちは。お世話になります。
先日はご質問にお答えいただいてありがとうございました^^

1つお聞きしたいことがありましたので、こちらにてご連絡させて頂きました。
きいさんは執筆する際や外注などお願いするときに、キーワードって決めておりますでしょうか?

例えば、
○○○の漫画をお願いしたとした場合、
「○○○」「○〇〇」のキーワードを意識して執筆をお願いしてるとか!

そのあたりご教授いただければと思います。
よろしくお願い致します><

返信する
kiki

ゆうきさん。こんにちは。
いつもお世話になります。

はい。自分で書く時も外注さんに出す時も必ずキーワードを決めております。

記事タイトルにキーワードを入れるのは勿論ですが、記事中にもキーワード含んだ内容にしますし
外注さんにも同じことを要求します。

ブログ訪問者は、記事タイトルを見てリンクをクリックし、わざわざブログを見に来てくれますので
記事タイトルの中に含まれているキーワードの内容が書かれていないと、直ぐにブログから離脱され
SEO的にも不利になりますし、ちゃんと記事内に関連付ける事が出来なければ漫画案件の成約も
されないと言って良いかもしれません。

ご質問対して、ちゃんとご回答出来ているか不安ですが、もし間違っていましたら再度ご連絡宜しくお願いします。
m(_ _)m

返信する
ゆうき

きいさん、ご連絡ありがとうございます。
大変参考になります。

キーワードの部分で教えて欲しいのですが、
キーワードというのは、
漫画タイトル + 感想とネタバレとかあらすじ、ということで
いいのでしょうか?
以上のキーワードを記事タイトルはもちろん、
記事中にも利用するということで認識あってますか?

色々質問ばかりで申し訳ないですが、
宜しくお願い致します。。

返信する
ゆうき

何度もご連絡失礼いたします。

きいさんが紹介しております「外面が良いにも程がある」のブログ場合、
どのようなキーワードで執筆したのか例として教えていただくことは可能でしょうか?><

以上、お忙しい中申し訳ございませんが宜しくお願い致します。。

返信する
kiki

ご質問頂いた件ですが

キーワード「漫画タイトル + 感想とネタバレとかあらすじ」
と言う様な形で認識は合っていますし、もちろん記事中にキーワードを
入れるという認識で合っていますので大丈夫です。^^

漫画で良く検索されるキーワードは
ネタバレ、無料、感想、あらすじ、結末、最終回、伏線
犯人(いる場合)、全話無料、1巻ネタバレ、2巻ネタバレ ・・・

などが一般的ですので、上記の内容を記事タイトルと記事内に入れると
良いと思います。

「外面が良いにも程がある」のブログ場合も、ネタバレ、感想、あらすじや
漫画内にあるサブタイトルを使用して、タイトルと記事内容を作成しています。
(外注さんが任意で付けてくれたタイトルが良い場合はそのまま採用したりしますが、^^)

記事タイトルはかなり大事です。

同ジャンルの漫画を検索して、他の人が作成したブログの記事タイトルを
参考にする場合もあります。

あっ、これ魅力的で良いタイトルだなと思うものを20集めて
テキストに貼り付け、それを参考に記事タイトルを作成したりもしています。

漫画アフィリエイトは、お手本のブログがネット上に沢山ありますので
自分好みで読みやすい、誘導が上手いと感じたものをどんどんマネをして
自分のブログを作成されると良いと思います。

長々と書いてしまいご質問の内容となっているか不安ですが、私でよろしければまた質問お待ちしていますので、漫画アフィリ頑張りましょう!!

わたしも、今日から盆休みなので取り合えず、漫画を沢山読もうと思います。(笑)

返信する
ゆうき

きいさん、ご回答いただいてありがとうございます。
とても参考になる情報ありがとうございます><

もしよければもう1点気お答えいただければと思いますが、
キーワードを意識して執筆する際に、実際にキーワードの使用頻度(回数)なども気にして執筆されておりますでしょうか?

以上、お忙しい中申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

返信する
kiki

いえいえ、参考にして頂き嬉しいです。
ご質問頂いている内容ですが、キーワードの使用頻度は記事中の5%から8%と聞いたことがありますが、いつも不自然にならない程度に使用するようにしています。

ややこしいので、記事毎に2,3個入れるようにしています。(その程度です)

SEO的には良い内容で、狙ったキーワードで検索順位1位になってアクセス数が増えても、広告の成約が全くされないという経験を沢山しました。

SEO的には良くなくても、記事タイトルの内容がちゃんと記事に書かれていて、訪問者を満足させてあげる内容が書ければ、成約はついてくると思います。

訪問者の満足度が上がれば、滞在時間も伸びPV数も上がり結果、検索上位に進なることが出来ますので、あまり気にせずに訪問者の為に出来るだけ有意義な記事になることを考え私は記事作成をしていますので、ご参考にして頂けると幸いです。

返信する
ゆうき

きい様
いつもご回答ありがとうございます!
ご連絡が遅くなり申し訳ないです、連休でゆっくりしてました笑
キーワードについてとても参考になりました、ありがとうございます!
キーワードを入れる位置などもあまり気にしてない感じでしょうか?
タイトルにはもちろん入れると思うのですが、それ以外に、見出しや読み始めなどなにか意識しておりますでしょうか?
全然関係ないのですが、毎回コメント欄に書いてますが大丈夫でしたかね?(T . T)
直接問い合わせが出来る窓口がなさそうだったので。。

返信する
kiki

ゆうき様
いつもご質問ありがとうございます。(*^^*)
SEO的にどうキーワードを入れると最良かなど、私自身あまり理解していないところもあり、このブログは適当、このブログでは見出しに全記事入れるなど、いろいろなパターンでキーワードを散りばめていますが、特に差はないように感じます。

実感としては、キーワードの入れる位置より、やはり①「記事の数」と内容が②「訪問者が望んでいる内容になっているか」が重要と思いますので、わたしとしては①②を意識してブログを作成している次第です。

コメントにご質問頂く件、全然問題ありませんので、今後共よろしくお願い致します。

返信する
ゆうき

きいさん
こんばんは、いつもご回答いただきましてありがとうございます!(^^)!

大変参考になります。
またなにかあればご質問させて頂きたく思います(・ω・)

ゆうき

きいさん
お世話になります。

ご質問したい事がありましたのでご連絡させていただきました。

1.漫画の記事にアイキャッチ画像を設定するかと思いましが、どのように対応してますでしょうか?

2.執筆する漫画を選ぶ際、総合ランキングから選ぶのがいいと思いますが、ジャンル別ランキングから選んでもいいのでしょうか?

以上、お忙しいところ申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

返信する
kiki

ゆうきさん
返信が遅くなりすいません。m(_ _)m
(1ヶ月ほど海外におり通信状況がかなり悪いです。)

1のアイキャッチの件ですが、だいたいは漫画の表紙を使用したりASPの広告画像を使用しています。
やはり無いと寂しいですしね。(*^^*)

2のジャンルの件ですが、以前グロイ漫画専門を作った事もあり漫画ジャンルを絞ったブログにするのも効果的です。
◯◯の漫画が好きならば、△△と言う漫画も読んでみて♪って誘導しやすいです。

返信する
ゆうき

きいさん
ご返信頂きありがとうございます^ – ^

ジャンルを分けの事ですが、
ブログを作成するさい、
1つのブログに色々なジャンルの漫画を入れて運営した方がいいのか、ジャンル毎にブログを作った方がいいのか、、
どちらの方がおすすめでしょうか?

以上、お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です