漫画アフィリエイトの次なる展開(目標は共存)

皆さん、漫画アフィリエイト頑張ってますか?

楽しく漫画を読んで、楽しく記事を書いて、運が良ければ成約して報酬が入れば幸せ(*^_^*)

という感じで私は漫画アフィリエイトを続けていますが、やはり漫画の感想やネタバレを書くのって、楽しくない時もありますね。

 

盛り上がる話(巻)なら書きやすいですが、あまり面白くない時は、記事が書きにくい・・・・。

でも、がんばって記事を書いているという無理をしている状態は、よくないなぁ~って思うのです。

無理して記事書いても、読んでいる人も面白く無いと思うのです。

 

今までは、無理してきたこともありましたが、いろいろ考えて無理せず!!もっと楽しく継続して記事を書く事を、現在テストしていますので、今回は共有させて頂きます。

漫画感想ブログって、ブログのタイトルに「漫画名+感想+ネタバレ」と言う感じにして、記事についても読んだ感想やネタバレ内容しか書いていないと思うんです。(私は)

ブログの構成も、各漫画毎に別れていて1つの記事には「漫画とその感想」というのが、100、200記事以上投稿している状態だと思います。(私は)

 

この構成の場合、ブログ訪問者は例えば◯◯という漫画に興味があり、検索エンジンで◯◯を検索して、上位表示されるブログを見つけて訪問してくれる流れになります。

ただ、その◯◯という漫画の人気や話題性がなくなると、全くと言って良いほど検索されなくなり、結果記事が読まれなくなります。

これが、漫画アフィリエイト記事の寿命が短いと言っている理由です。

 

そこで、現在試しているのは個人ブログ風の記事から、漫画を紹介するスタイルです。

上手く文章で表現できないのですが、ブロガーのイケダハヤトさんのブログが、とてもいい感じで漫画を紹介されています。

http://www.ikedahayato.com/archives/cat_350798.html

 

イケダハヤトさんのブログは、まだ東京で消耗しているの?正社員なんて辞めて自由で楽しいフリーランスになっちゃいなよ(*^_^*)

のスタンスで、転職サイトの広告をメインに報酬を発生させていますが、その中で家電や漫画もさらっと紹介しています。

このさらっと感が良いです。

 

この人が面白いと思っている漫画なら、ちょっと今暇だし読んでみようかなって思わせる事が大事だと思います。

そのためには、顔写真は出す必要はないですが、自分の後ろ姿や、シルエットなどちゃんと人が書いている事もアピールしないといけないです。

アバターでもなく、読み手が人間であるということを伝える必要があると言うことです。

 

話題が無くなり直ぐに読まれなくなる記事を量産するより、漫画以外のこともいろいろ書いてファンを作り、「今回はこんな本読んだけど感動したよ」というさらっとした紹介で、広告に誘導させるほうが、ブログ訪問者の幅も広がりブログを運営していて面白いように感じます。

あくまで私たちは、漫画特化のアフィリエイターとして、直接的な漫画タイトルでの誘導ではなく、視点をずらして漫画に誘導させる方法で、訪問者の幅を広くして、また漫画以外の記事も書き(言い方が悪いですが餌^^;)その記事で訪問してくれた人に漫画を薦める事を目的とした、ブログも良いのでは無いかと感じています。

 

これだと、漫画ランキング上位の狭いフィールドでの争いが無くなり、漫画アフィリエイター同士が共存出来るのではとも考えています。

さらに、お互いのブログを見て相互リンクを貼ることにより、グーグルの評価も上がりより収益も伸びると思いますので、そのうちこのブログを見て頂いている方に「チームとしてブログを盛り上げて行こう!!」と考えて頂ける方を募集したいと思いますので、その際はご協力をお願いします。

 

今回の話は、ちょっとわかりにくかったですか?

また、この方法で良い結果が出たらブログに書きますね。(*^_^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です